社会人学生【産能大通信】に通うおっさんの雑記

主におっさんが在学する産能大学通信課程について

社会人学生【産能大通信】授業料の支払い(クレジット払い)について

f:id:ossan_output:20200210083244j:plain

産能大

今回は、大学の授業料の支払い方法についての裏技について書いてみたいと思います。
入学を考えるにあたってHPを見ただけでは
意外とこういう細かい事がわかりづらかったり気になったりすると思いませんか?
入学前はもちろんそうですが、入学後もたまにしか学校へ行く事が無いのでなかなか情報が入らず分からない事がたくさんあるので、私が疑問に思った事や聞いて助かった事などを順次会上げさせて頂きます。
(今回のは学校のHP見てもわかりませんが・・・)

 

f:id:ossan_output:20200215153849j:plain

振り込み用紙

学費が安い産能大通信とはいえ、やはりそれなりの金額を支払う必要があるので支払い方法の間違えや払い忘れなどあったら大変ですよね。
産能大通信は、基本的に半年毎(7・2月)に授業料を支払う為の支払い用紙が学校から送られて来るシステムになっています。
入学時は、入学金等と一緒に授業料100,000円(2020年より)を振り込みすると思いますが、それ以降半年毎に100,000円を送られて来る振り込み用紙で振り込む形となります。
(もちろん一括での振り込みも可能だと思います。)
その際、銀行・郵便局・コンビニで支払いする事が出来るのですが、そこでコンビニで振り込みする時に使える裏技があります。
基本的に振込用紙の場合はクレジットカードでの支払いは出来ません。
ですが、セブンイレブンでの支払いだとnanacoでの支払いが可能な為、nanacoへのチャージをクレジットで行う事によって実質クレジットで支払った事になります。
nanacoへのチャージは5万円までなのですが、センター預かり分が5万円出来るので10万円まで支払える事になります。
ただし、チャージ出来る金額が一回3万円までとなりますので10万円を支払う場合は4日間かかる事になります。支払い期日ギリギリだと間に合わずにこの技を使う事が出来なくなってしまう為、余裕をもって支払い出来る様にしてください。
(nanacoの入金方法などは私より詳しく上げているブログや公式サイトで確認して頂ければと思います。)

 ※私は使用したことありませんが、各コンビニのクレジットカードでも可能な様です。

前もってお金を用意しておくのが一番良いのですが、急な出費などがあって現金がないって時の為にこの方法は知っておいても損は無いと思います。
ちなみにこの方法は税金等の支払いも可能となりますで私は、学費はもちろん追加履修や自動車税・固定資産税などもこれで支払っています。簡単なのはnanaco機能付きのクレジットカードを作ってしまえば良いと思いますが別のカードでもチャージできるので是非お試しください。
セブンイレブンカードは年会費無料なので大学在学中だけでももっていても良いかもしれませんね。)

 

※コロナ(2020.04.01)以前以後では状況が変わってしまって内容が異なってしまう場合がありますので不明点やご自身の重要と思われる事はは必ず大学側に確認を取ってください。

 

 

 

www.ossanoutput.com

www.ossanoutput.com

www.ossanoutput.com

www.ossanoutput.com