社会人学生【産能大通信】に通うおっさんの雑記

主におっさんが在学する産能大学通信課程について

社会人学生【産能大通信】科目習得試験(カモシュウ)について その3

今回は、科目習得試験の記述式問題について書いてみたいと思います。

f:id:ossan_output:20200210083244j:plain

 

 

正直、通信制大学のテストについてどんな感じなのなのか良くわからない部分があると思います。
今回は私が実際にテストを受けてわかった事や感じた事をまとめていこうと思います。

 

 

テスト概要

産能大学のテストは60点以上が合格となって単位をもらう事が出来ます。
例え不合格をもらっても追加の学費等かからず何度でもテストは受ける事が可能です。
テストは大問が3〜4に分かれていて1・2は穴埋め・選択で3・4が記述となります。

穴埋め・選択問題


穴埋め・選択問題に関してはテキストの文章がそのままでてくる事も多くここで点数を稼ぐ必要があります。
(各約20点程度)

記述式問題


記述式問題は内容について自分の考えを交えてまとめる問題が多く出る事になります。
科目によりますが、平均300文字でまとめる事が多いと感じます。
(各30点程度)

過去問


私は入学して最初のテストは過去問が手元にない為、正直どんな勉強して良いか全くわかりませんでした。
なので最初のテストは捨てるつもりで受験しまず過去問を入手する事にしました。
(受けたテストはなんとか受かりましたが評価Cでした)

 

記述式問題への対策

記述式の問題に関してですが、私が文章をまとめる力が乏しいので(このブログも酷い出来ですが・・・)中々思うように出来た事がまだありません。
勉強方法として私は、まず過去問を解くにあたって回答をPCなどにキーボードで入力してしまいます。
そして、文章をチェックして内容がまとめられてると思ったらそれを何度も手書きしてある程度覚えてしまう方法をとっています。
実際の試験の時は多少は違う感じになりますが内容に関してはほぼ同じ文章が書けるようになります。
産能のテストは過去問から出題される事が多い為過去問は多ければ多いだけ解いた方が確実にテストの時に楽だと思います。
(その為か、回答がもらえません・・・)
テキストの方に自分が思い出せる程度に本文にマーカーでチェックなどしておけば良いと思います。
とりあえず分からなくても何かしら書いておけば多少なり点数がもらえると思います。
1日に数教科を受験すると記述式が多くとても手が疲れますが
(産能の回答用紙がとても書きづらいのもありますが・・・・)
その辺はWeb試験に変更後は、タイピングに変更される為ある程度解消されると思います。

 

注意事項

通学可能な場所や日時があるか確認

宿泊費や交通費などの費用の確認

4単位の科目は基本レポートの提出が必要

問題集は必ず持ち帰る

記述式は最後まで書けなくても途中まででも必ず記入する。

 

最後に

5教科のテスト勉強をするのは大変だと思いますが、2教科くらいにおさめると勉強しやすいと思います。
私も後、数科目の単位をカモシュウで取ろうと思っていますのでまた何か感じた事が有れば追記していきたいと思います。

 

 

 ※コロナ(2020.04.01)以前以後では状況が変わってしまって内容が異なってしまう場合がありますので不明点やご自身の重要と思われる事はは必ず大学側に確認を取ってください。

 

 

 

 

www.ossanoutput.com

www.ossanoutput.com

www.ossanoutput.com

www.ossanoutput.com

www.ossanoutput.com

www.ossanoutput.com

www.ossanoutput.com

www.ossanoutput.com

www.ossanoutput.com