社会人学生【産能大通信】に通うおっさんの雑記

主におっさんが在学する産能大学通信課程について

社会人学生【産能大通信】科目習得試験(カモシュウ)について

今回は科目習得試験(カモシュウ)の概要ついて書いてみたいと思います。

 

f:id:ossan_output:20200210083244j:plain

産能大

 

  • 科目習得試験とは

まず、科目習得試験とは単位習得方法のひとつで全国約40カ所で行われる科目ごとの試験の事です。
年間に開催される回数は全6回(初年度は5回)となります。
開催月は、4月・6月・8月・10月・12月・1月となります。
1・2単位の科目は基本リポートを試験ごとのリポート締切日までに提出し合格がする必要があります。
4単位の科目は基本リポート+応用リポート
を試験ごとのリポート締切日までに提出し合格がする必要があります。
試験機ごとに、受験地・科目を選択することができます。
1回の試験で最大5科目まで受験する事が出来、受験科目の順番も自分で決めます。
基本的に科目習得試験の費用に関しては授業料に含まれている為、当日の交通費・食費が実費となります
※2020年よりweb試験がスタートします。本年度は6月・10月・12月となります。(詳しくは受験後にアップしたいと思います。)

 

  • 科目習得試験の申し込み

受験月の前月二十日前後からiNetCampusからの申し込みとなります。
はがきでの申し込みはなくなりました。
後日大学より受験票が届きます。

 

  • その他

評価(GPA)を気にする方は、スクーリングは相対評価との話なので科目習得試験のが良いかもしれません。
当日、テストの出来が悪いと感じられた方は途中で放棄して次回受験することも可能です。
(その場合、評価はFとなり不合格となります。)
最大5科目の試験が受けられますが、受ける科目にもよりますが多くて3科目程度にする事をお勧めします。
(私は多くて2科目です。)
5科目となると丸一日にとなり休憩時間も短い為昼食もとれません。
その為、学生によっては途中の教科を捨てて途中退席して昼食をとる方もいらっしゃるそうです。
試験当日は、一度試験会場の教室に持ち込んだ資料などは休憩時間も持ち出す事は出来ません。
当日の試験問題集にはすべての科目も問題が記載されています。
これが過去問となり以降のテスト勉強に役立ちます。

 

  • 注意事項

基本的に遅刻・早退は認められません。

学生証と受験票を忘れると受験できません。

申し込んだ科目順での受験となります。

後日届く受験票は必ず確認して下さい。

問題がある場合は、期間中に必ず大学に問い合わせしてください。

 

  • まとめ

通学可能な場所や日時があるか確認

宿泊費や交通費などの費用の確認

4単位の科目は基本レポートの提出が必要

問題集は必ず持ち帰る

 

  • 最後に

春入学の方は6月が最初の試験だと思います。そこは必ず受験して問題集をもらうようにしてください。
この問題集を見て難易度を確認してその後どの様な順で試験を受けるか決めていけます。
問題集は試験毎に必ずもらえる為、数冊揃うと出題の傾向などがわかる様になりますので試験対策が取れる様になります。
科目によっては適当受けても合格してしまうものもあると思いますがGPAを気にする方はある程度テキストを読み込む事をお勧めします。
(ちなみに私は最初に試しに受けた試験は合格ですがC評価でした⤵)
次は、実際の試験について書いてみようと思っています。

 

※コロナ(2020.04.01)以前以後では状況が変わってしまって内容が異なってしまう場合がありますので不明点やご自身の重要と思われる事はは必ず大学側に確認を取ってください。

 

 

 

www.ossanoutput.com

www.ossanoutput.com

www.ossanoutput.com

www.ossanoutput.com

www.ossanoutput.com

www.ossanoutput.com